RSS | ATOM | SEARCH
年末サンクスフェアー始まります!
 毎年恒例の、年末サンクスフェアー(抽選会)が、12月1日から始まります。
1等賞・・ 1万円ビューティーチケット      1名様
2等賞・・  5千円ビューティーチケット     2名様
3等賞・・  1L シャンプー&トリートメント   1名様
             ・
             ・
             ・
             ・
            などなど。
はずれはありませんので、是非ご来店くださいね!
 年末は、31日まで営業してます。
author:Apica, category:インフォメーション, 11:01
comments(0), trackbacks(0), -
クリスマスツリー
飾りましたー!今年は大人っぽく。
200711281658.jpg
 
author:Apica, category:-, 17:05
comments(0), trackbacks(0), -
いやがる白猫
.C.スタッフ日記
3年前から、2匹の猫ちゃんを飼っている。ロシアンブルーのなんちゃんと、白猫リル。  なんちゃんは、とても人懐っこく誰にでも好かれるタイプ。リルは・・・飼い主でさえ、なかなか触らせてくれない臆病で神経な猫ちゃん。  そんなリルはなんちゃんが大好き。そのなんちゃんは、人間大好き。そんなちょちぴり哀しい恋愛図式が出来上がっていて、その図式はなかなか壊れそうもない。                    寝ていた2匹にそっと近付き、リルを触った子供。感動だ!でもリルの顔は・・・。○ゆ
200711252006.jpg
 
author:Apica, category:-, 20:21
comments(0), trackbacks(0), -
結構忙しい11 月
夏目漱石展に始まって、ウズベキスタン展、鳥獣戯画展・・あさっては、ティファニー展に行く予定。その間に、映画を二本観、店の連休で愛媛に帰った。ぼーっとしてたら、なんでもない休日。ちょっとがんばって早起きすれば、感動の一日。でも、その代償は大きい。山積みの洗濯物と、食器。埃舞う床・・。でもそんな床で、毎日気絶するように寝ている私である。 ○ゆ
author:Apica, category:スタッフ日記, 19:58
comments(0), trackbacks(0), -
古いカメラ
 写真を撮るのは好きだが、いまいちデジカメを使いこなせない。オートフォーカスが出始めのα7000がわたしのお気に入りだった。フィルムがもったいなくて、ちっちゃなデジカメを買ってバンバン撮っていたが、緊張感がない。一瞬を切り取る緊張がたまらなく好きなのだ、と思い出した。  そういえば、父のコレクションに、マニュアルのカメラがあったな・・・、と思ったら行動は早い。  有無を言わさずこっちに持って帰った。   自宅でいじっていると、思い出したのだ。少し前の日記で<七五三>を書いたが、怒ってる私を撮ったのはこのカメラだった!!そして、さわったらだめだ、と言われていたカメラだったが、幼くて親の言う事を聞かない私はいじりまくっていた・・の感触も蘇ったのだ。 父はこんなめんどくさいカメラで、連写のごとく撮っていたんだー。感心感心。 カメラ好きと言っても、私は撮るのが好き。父はカメラを買うのが好き。しかも値切って・・・・・。
author:Apica, category:スタッフ日記, 17:58
comments(2), trackbacks(0), -
有閑倶楽部
ついこの間、アピカのすぐ近くで、<有閑倶楽部>の撮影があった。あった、って今は落ち着いてるが、いつもの日常、いつもの空間に彼らがいるのだ!ありえない!しかも至近距離!大興奮!!!!! 今日は休みで出かけていたが、私のipodは、彼らの曲がガンガンに流れていたのである。  ○ゆ
author:Apica, category:スタッフ日記, 19:32
comments(4), trackbacks(1), -
部屋とYシャツとPS3
 どーも、ファーストキスは紅生姜の味でおなじみの堀江臣吾です。この度はご縁がありまして僕が書かせていただいております。
 タイトルにも書きましたが、そうなんです!我が家に待望のPS3がやってきたんです!この日を如何に待ちわびていたか・・・。PS3が来るまでの堀江家は、それはそれは味気ないものでした。まるで亀梨くんのいないKAT-TUN、キムタクのいないSMAP、ディディエ・ドログバのいないコートジボワール代表のように。廉価版の新型モデルもあったのですが、敢えて、ここは敢えて、現行モデルの60GBを買ってやろうみたいな。お母さんに初めて反抗した時のような淡い期待感をもって買っちゃいました。

家に着き、長年愛用したPS2を取り外し・・・。この時の感覚は広末から相武に乗り換えた時のそれと似ていました。

まずは画像の鮮明さに驚き!でも1番は、その重量に驚き!!!111


今回1番感じたことは


重いよSONY
author:Apica, category:スタッフ日記, 13:09
comments(2), trackbacks(0), -
七五三
土曜日は大雨だったけど、ずいぶん前から御予約頂いていた、7歳の女の子のお支度をさせて頂いた。最後の仕上げに胸元にしのばす<はこせこ>。私は必ず「落とさないでね。」と声をかける。自分が7歳の七五三のお参りの時に落としてなくした事で、母にひどく叱られた事が、今も鮮明に覚えているからだ。当時の写真を見ると、まるで連写でもしたかのようなかなりのコマの写真だ。わたあめを食べている私の胸元に、<はこせこ>はまだある。何枚か見た後、妹と並んだ写真に<はこせこ>はなかった・・。しかも私の顔は、すっごく怒っている。母に叱られた後だ。<はこせこ>はキュッと差し込むので、そうそう簡単には落ちないはず。私ってば、かなり暴れたんだと思う。その挙句の果ての落し物だったとしたら、あんなに母が怒るのも無理はない。と今なら思えるなー。
author:Apica, category:スタッフ日記, 11:44
comments(0), trackbacks(0), -
猫仲間
前々から、私の周りで猫を飼っている人は多かったけど、ここ一週間で、二人もふえた。(ちなみに猫は3匹ふえた。)飼うきっかけは、みんな色々だけど、猫との出会いのタイミングは絶妙だ。やっっぱり、その人に合った猫がやって来る。夜中に私の愚痴を聞いてくれる猫達。彼女達もそうして家に来てくれたのだ。
author:Apica, category:スタッフ日記, 16:19
comments(2), trackbacks(0), -
クローズ ZERO
昨日は定休日で、ずっと前から予定していた〔ウズベキスタン展〕に出かけた。もちろん、これがメインのはずだったのだが、すぐ近くの映画館で、〔クローズ ZERO〕をやっている事に気付き、前売りを買っていた私は迷う事無く、朝一で観る事にした。観客は、超ー怖そうな少年達や、これまたなんとも真面目そうな少年達を含め、色々な人種がいたが、私のように青春を謳歌し終わった年齢の者は・・・いなかったなぁ。本編はスピード感あふれ、あっという間に終わってしまったけど、とてもさわやかな気持ちになった。義理や人情とかに弱い私。ただの暴力映画でない事は観た人みんなが感じるところ。三池監督。私、やっと監督の映画を好きになりました。そんなこんなの気持ちを引きずりながら、〔ウズベキスタン展〕に行ったのだが、静か過ぎる会場と、今の私の昂ぶってる気持ちが合わず、なんだか居心地が・・・。せっかく萩野矢先生の素敵な写真もあったのに、す、すみません。先生、またお便りします。
author:Apica, category:スタッフ日記, 21:13
comments(0), trackbacks(0), -